下書き保存を使った記事を書くコツ

アフィリエイトの始め方

ブログなどを始めたばかりのころは、
なかなか記事を書くのは大変だったりしますよね。

定期的に書く習慣ができてしまえば、ある程度、惰性で書くことができるようになったりもします(おい)。

文章を書く調子の波というか、文章がスラスラ書けるときと、全然書けないときが誰にでもあると思います。
慣れるとその差は減らしていけるのですが、経験がないうちはとても苦痛に感じることもありました。

今回は、毎日ある程度の文章を書くためのブログ術(?)をご紹介します。
やり方はとても簡単で、読んですぐ使えます。

なぜ書けないのか?

0から1にするのには大きな労力が必要で、パワーがいります。
定期的に書いていると、習慣の力で、必要なパワーを減らすことができます。

つまり、今持っているパワーよりも「記事を書くこと」に必要なパワーが大きい場合、書き始めることができないわけです。

目標がすぐに実行できるレベルまで落としこまれていないことで、ある種の混乱状態になっていると考えることもできます。

というわけで、始めやすいように作業を分割しましょう。

タイトルと見出しだけで記事を作って下書き保存しておく

文章を書くことと、誰にどういう文章を書くのかは、頭の使い方が違います。

そこで、まずはどういう記事を書くかを考え、
記事のタイトルと本文中の見出しだけ書いて下書き保存します。

方向性と構成が決まれば、半分くらいの作業は終わったも同然です。

タイトルと見出しをある程度作ると、
一旦作業を始めたせいか、文章が書けるようになっているパターンがあります。
その場合は、そのままの勢いで本文を書けば良いです。

ただ一気に完成まで書こうとすると、勢いが続かなかったり、書きたいことが整理されていなかったりする場合があります。
そういうときは出来たところまでを下書きとして保存しておきます。

各見出しにメモ程度でも何か書いておくと、次に再開するときに始めやすいです。

熟成期間を置く

下書きとして保存した後は、熟成という建前で放置します。
放置と言っても頭の片隅には残しておくと良いです。

一度、タイトルと見出しを書いておくと、書きたいことが頭の中で自然に整理されやすくなります。

実は、外山滋比古の「思考の整理学」という本に書いてあった内容の一部を
ブログの書き方に応用したやり方です。

面白い本なので、気になる方はぜひ読んでみてください。

気が向いた時に書く

1冊の本を集中的に読むより、複数の本を同時並行で読んだほうが、
全体の読書量としては多くなる傾向があると思います。

学術的になんとか効果という名前があるかは知りませんが、
同じ手法を記事作成にも取り入れます。

やはり同じことを続けてやると、集中力は途切れがちになってしまい、
効率も落ちてしまいます。

複数の下書き記事を用意しておくと、日によって書きやすい記事が現れます。
特に熟成期間を置いたものは、頭の中で自然と話の流れが整理されていることが多く、
スラスラ書けることもあります。

そこで、好きな本を気が向いた時に読むように、
好きな下書きの記事を書きたいときに書きます。

必ずしもその記事を完成させる必要はありません。
完成しなかったら、また下書き保存して、違う下書きの続きを書きましょう。

どれも書けそうなイメージがわかない場合は、新しくタイトルと見出しを作って下書き保存しましょう。

インプットが足りないとアウトプットできない

下書きがどんどんたまっていってしまう場合があります。
そもそもその分野における知識量が足りていない可能性が高いです。

インプットを増やして、何も見ずにその分野についてある程度話せるくらいになると、
文章もスラスラ書けます。

インプットする情報については、自分自身がほとんど未知の分野の場合、ネットよりも本や雑誌が良い場合が多いです。
体系的にまとめられていて、理解しやすいからです。

電子書籍の読み放題サービスのKindle Unlimitedが便利です。

新しいことを始めたい人へオススメしたいKindle Unlimited
Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を知っていますか? Amazonが運営している電子書籍の読み放題サービスです。 月980円で、Kindle Unlimited指定の本を10冊分借り続けることができます。 ...

もうひとつは、自分で作成したタイトルから「どんな検索ワードで検索されるか?」を考え、
思いついた検索ワードで実際に検索する方法です。

すると、たいていの場合、すでにある素晴らしい記事が何個も表示されるはずです。
検索結果1ページ目の2,3記事で十分なので、気になる記事をいくつか読んで勉強しましょう。

注意したいのは、文章そのものを拝借しないようにすることです。

理由はいくつかあります。

  • 著作権を侵害することになる
  • 検索結果からページやサイトがGoogleに消される可能性がある
  • 知識量が足りないだけだから

文章をコピペしてブログの記事に使うのは、基本的に無しです。
正しく引用する分には、問題ないですが、
引用にはルールがあるので、ルールを理解したうえで使用しなければいけません。

検索上位の記事を読み込んで、自分独自の視点や、足りない情報を見つけ、
より価値ある記事を書くことができれば、検索結果でも上位表示されます。

初心者に伝えたいアフィリエイトの心構え
企業サイトなどを除くと、アフィリエイトをやっていないサイトを見つけるのが難しいくらいアフィリエイトが普及した昨今。 実は売上ベースで年間数千万円規模のアフィリエイトサイトを運営していたことがあります。 すでにあるものを誰かから引...

記事の更新にはとにかく習慣化が最強です。

紹介した方法を使っても使わなくても良いですが、
この記事が習慣化のヒントになればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました